中国語留学先は台湾と中国のどっちがおすすめ?各地のメリット・デメリットを比較

台湾中国ハックス

中国語を学んでいる人の中には、中国留学を検討する人も多いことでしょう。

自分が学んでいる言語を母国語として使う国に行き人と交流してみたい、文化を実体験してみたいと思うのは当然のことです。

最近は中国語留学にしろ英語留学にしろその他の国への留学でも、短期留学だと割と気軽に行く人が増えましたよね。

とは言え、海外へ行き新境地で一人で生活しながら勉強もするというのは、なかなか大変なことです。

また、政治情勢のために中国への印象に誤解を持っている方もいらっしゃるようですね。

さらに、中国と台湾や香港がごっちゃになっている方もとても多いのが実情です。

ここでは中国留学をするメリットとデメリットについてご紹介。

それぞれの良さや違いなどを徹底的に解説していきます!

留学するなら台湾?中国?

中国は非常に広い国なので、中国のどの都市に留学しようかな?と悩む人も多いと思いますが、台湾はどうだろう?と考える人も多いようですね。

中国留学と台湾留学のメリット・デメリットを簡単に比較すると以下の通りです。

まずは日本人にも馴染み深い親日国、台湾から。

台湾に留学するメリット

台湾版北京語である「台湾華語」は巻き舌もなく、日本人にとってはとても聞きやすいです。

また、中国語本土の北京語に比べ、言葉の「キツさ」を感じることも少ないです。

台湾留学のメリット

・台湾華語は聞き取りやすく話しやすい
・治安が良い
・親日国家
・中国人的なよそよそしさがなく、フレンドリーで仲良くなれる
・英語や日本語が通じることが多い
・3ヶ月以内の短期留学ならビザ不要

親日文化という点は非常に有利!先進的な台湾は日本人にとってはとても留学しやすい環境です!

セブンイレブンやファミリーマートなど日本企業の進出も多く、日本の飲食チェーンも多数なため日本にいるのとあまり変わらないのもポイントです。

中国に留学するメリット

・標準中国語が習得できる
・物価が安い
・歴史的建造物や文化遺産巡りができる
・あちこちの都市を巡ることができて、中国国内の文化の違いなどが体験できる
・留学先の都市、学校、大学の選択肢が多い

台湾に留学するデメリット

・中国と比べると物価が高い
・台湾訛りの中国語を学ぶことになる
・繁体字の参考書が少ない

中国に留学するデメリット

・台湾と比べて治安が悪い(スリ、ぼったくりなどの被害に遭いやすい)
・空気が汚い
・衛生面に不安がある
・反日の人が多い
・15日以上の留学にはビザの取得が必要

中国留学のメリット

海外留学は大変ですが、貴重な体験・人生の糧となることは間違いありません。

中国語に囲まれた環境に身を置けば、中国語のスキルは必然的に上がります。

その他には中国に留学するとどんなメリットがあるでしょうか?

短時間でいける

ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、オーストラリアなど、英語や欧米言語を学ぶ人たちに人気の留学先は日本から遠いというデメリットがあります。

直行便がない国や地域だと、到着までに丸一日かかるなんていうこともありますし、飛行機代も高くなります。

それに比べると中国までは日本から2〜3時間。行きやすく、何かあった時に日本に帰ってくるのもあっという間です。

LCC(格安飛行機)も日本と中国のあちこちの都市に就航していますから、渡航費を抑えることができます。

費用が安い

欧米留学と比べて飛行機代が安く済むことに加えて、留学費用全体が安く収まるというメリットもあります。

中国の各都市ごとに事情は変わりますが、中国は全体的に日本と比べて物価が安く、生活費・食費・交通費にそれほどお金はかかりません。

食事は屋台で食べれば1食200円程度です。

授業料も安いので、30万円くらいお金を貯めれば1ヶ月程度は中国留学ができるでしょう。

奨学金制度が利用できることも

短期語学留学では奨学金は利用できないことがほとんどですが、中国の高校や大学へ長期の留学をする場合、政府や民間が提供する奨学金制度を利用できることがあります。

奨学金が利用できれば、留学費を節約できるので助かりますよね。

一番代表的なものは「中国政府奨学金」で、学費・寮費が免除になる上生活費の支給もあります。

(返済義務のあるものと返済不要のものと、種類があります。)

その他、日本の国費で留学費用を支援する「日本学生支援機構 海外留学支援制度」」や「官民協働海外留学支援制度〜トビタテ!留学JAPAN代表プログラム〜」、

貸与型奨学金を提供している「公益財団法人山口育英奨学金」など、多くの奨学金制度があります。

留学したいけれど、費用が・・・

と悩んでいる人は、各奨学金制度の内容や応募資格・条件を確認して、利用できるものがあれば積極的に活用しましょう。

中国留学のデメリット

どんな国へ留学に行っても、文化の違いに戸惑ったり、和食が食べたくなったりとホームシックにかかることはあります。

中国留学独特のデメリット面とはどんなものがあるでしょうか?

日本語、英語が通じない(特に地方)

北京、上海、香港などの大都市では英語や日本語が通じることもありますが、中国全体でいうと英語や日本語はほとんど通じません。

中国語が超初級の状態で留学すると、意思疎通ができず辛い思いをするかもしれません。

ある程度の中国語を日本で習得してから留学した方が良いでしょう。

大気汚染がひどい

中国の大気汚染問題は深刻です。北京や天津などの都市は中国政府の規制などで汚染は結構改善されてはいるものの、やはり日本ほど空気は綺麗ではありません。

特に工場が密集している地域や空港の近くなどは空気が悪いところが多いですね。

念のため外出するときはマスクをして、帰宅したらうがいをするなど対策を取ることが大切です。

留学ビザを取る必要がある

ヨーロッパ諸国やアメリカに留学に行く場合、3ヶ月以内の短期滞在なら特別なビザを取得する必要はありません。

カナダの場合は6ヶ月未満なら学生ビザは不要です。留学先の語学学校を決め申し込みを済ませ、寮やホームステイの手配をして航空チケットを購入すれば留学準備は整います。

中国の場合、15日以上の留学からビザの取得が必要になります。

・旅行ビザ(Lビザ) 30日以内の滞在
・訪問ビザ(Fビザ) 90日以内の滞在
・訪問ビザ(X2ビザ) 180日以内の滞在
・留学ビザ(Xビザ) 181日以上の滞在

以上4種類のビザの中から必要なビザを選んで申請しなければなりません。

Xビザの申請には健康診断結果も必要です。

ビザ発行までに時間がかかることがあるので、できるだけ早めにビザ申請の手続きをするようにしてください。

インターネット規制が厳しい

中国にはインターネット規制があります。

私たちが普段当たり前のように使っているLINE、Google、Twitter、Facebook、Instagramなどは中国国内では使用できません。

普段使っているツールが使えなくなるのは非常に不便ですが、中国国内で利用されている中国のSNSを利用しましょう。

こういうのも、留学の醍醐味なのではないでしょうか。

中国独自のSNSといえば、We Chat(微信)やWeibo(微博)などがあります。

また、VPNを使えばネット上にプライベートネットワークを構築することができて、中国政府に規制されない状態でネットを使うことができます。

日本にいる友人や家族と普段使いのSNSで連絡を取りたいときなどには便利です。

留学先が中国でも台湾でも、メリット・デメリットがあります。

標準中国語や簡体字で中国語を学びたいという人、できるだけ留学費用を抑えたいという人は中国へ。

治安や衛生面が不安な人は台湾を選ぶと良いと思います。

お腹の弱い人は台湾に行った方が良いなんていう意見もあるようです。

どちらの国を選んでも、中国語は学べますし貴重な異文化体験ができることはまちがいありません。

せっかくの留学の機会ですから、自分がやりたいことや金銭面を考慮して後悔のない留学先に決めるようにしたいですね。