相互理解を深めて中国人の本音を知ろう!中国文化を学んで視野を広げる大切さ

台湾中国ハックス

長い歴史を持ち複数の民族が共存する中国。国土が広く、地域ごとに異なる多種多様な文化・風習が混在しています。

私たちが普段メディアで目にする「中国」の情報は、ほんの一部にすぎません。

特に近年は政治的な緊張のために、中国・日本の双方がネガティブな印象合戦を繰り広げていました。

最近は緊張緩和のためか、中国に対する良いニュースが見られるようになりました。

ここでは、日本の主要メディアでは知ることができない中国人の本音についてを深堀りしていきます。

日本人と中国人の違いにも注目しながら、もう少し突っ込んだリアルな中国を探っていきましょう。

異国・異民族・異文化に囲まれている中国

日本は島国なので他の国と隣接するという感覚を知りませんが、中国は14カ国に囲まれている国です。

14の国境に接しているのです。ロシア・モンゴル・インド・カザフスタン・パキスタン・北朝鮮など、様々な事情を抱える国、そして異なる文化を持ち異民族が住む国に囲まれています。

中国の長い歴史の中で、幾度も他国から異民族が侵略してきて、中国を脅かしてきました。中国王朝の力が弱まり滅亡し、国中が混乱するということを繰り返してきました。中国はそんな波乱万丈の歴史の中で存続してきたたくましい国なのです。

何度も王朝が変わる中で、「国は信頼できない、信頼できるのは家族だけ」という考え方が生まれ、その結果中国人は家族や親戚のつながりを非常に大事にします。中国人のたくましさや家族間の強い強い絆は、中国の地理的な理由や歴史から形成されたものだと言えるでしょう。

過去や歴史を重んじる中国人

中国人は歴史を非常に大切に捉えています。日本人が未来に重点を置くのに対して(就職、結婚、貯金、介護、老後など)中国人は過去の出来事を重要視しています。

日中間の歴史認識問題も、この日本人と中国人の温度差から生まれているのかもしれません。

死生観は?悪人は悪人に生まれ変わる!?

生きること、死ぬことに対する考え方も日本人と中国人には違いがあります。

日本人は昔から、「いかに死ぬか」ということを考えてきました。

江戸時代の武士達は自分に落ち度があった時、責任を取るために切腹をしました。

戦時中、敵艦に体当たりする神風特攻隊の若者達は国のために命を落としました。

そのように死ぬことが立派であると考えられていたからです。

今では切腹や神風特攻隊はあり得ませんが、最近は「終活」なんていう新しい言葉ができて、死への準備をする人が増えています。

日本人はいつも「死」を意識しながら生きています。

「どのように死ぬか」を考える日本人に対して、中国人は長い歴史の中でも常に「どう生きるか」を大切にしてきました。

日本では「人は死ぬと仏になる、成仏してあの世に行く」という考えがありますが、中国には「悪人は死んでもまた蘇り、また悪事を働く」という考え方があります。

死者の魂を呼び戻す儀式を行うと、死者は蘇ると信じられているのだそうです。

そういえば私が子供の頃、中国の映画「キョンシー」が大ブームになりました。

キョンシーは今でいうゾンビみたいなお化けで、両手を前にまっすぐ伸ばしてぴょんぴょんと飛びながら不気味に襲いかかってきます。

あのキョンシーこそ、「死者が蘇る」という中国人的な思想から生まれた存在だったのですね。

漢民族だけではない!中国は多民族国家

「中国人」と一括りにすることが多いですが、中国には漢民族だけでなくそのほかに55の民族が共存しています。

13億9,000万人もいる中国人のうち、9割は漢民族なのでつい「中国人=漢民族」と考えがちですが、実は中国は多民族国家なのです。

中国に暮らす少数民族には、モンゴル族・ウィルグル族・チベット族・タイ族・チワン族・満州族などがいます。

55の少数民族にカウントされていないさらに小さな未識別民族も存在しています。

少数民族の多くは自治区(チベット自治区・新疆ウィグル自治区・寧夏回族自治区・内モンゴル自治区など)に居住していますが、出稼ぎのために都市部へ出て暮らしている少数民族も多くいます。

ロシアやヨーロッパに近い地方にルーツを持つ少数民族の中には、西洋人のような外見をしている人もいます。

ロシア・トルコ・タイ・イスラム系など、世界のあちこちにルーツを持つ人が中国に混在しているのです。

一括りに「中国人」と言っても、中国人の中でも異なる文化・風習・言語・思想を持つ人がいるということをいつも覚えて置くようにしてください。

地球は華僑だらけ!世界中に散らばった中国人

世界のあちこちにチャイナタウンが存在するほど、中国人は世界各国に移住して暮らしています。

中国国籍を持ち中国国外で暮らす漢民族を「華僑(かきょう」と呼びます。華僑は新しい土地でも強く結束し、華僑社会=チャイナタウンを作り生活しています。

チャイナタウンというと、イギリス・ロンドンや日本の横浜、アメリカのニューヨーク・サンフランシスコ・LA、カナダのバンクーバー、オーストラリアのシドニーなど、世界の大都市にいくつも存在しています。

そしてシンガポールやマレーシアなど東南アジアの国にも多くの華僑が暮らしていて、その国の経済を回す役割を担っています。

中華街以外にも多くの華僑が暮らしていて、世界のあちこちで中国語が飛び交い美味しい中華料理を食べることができます。

家庭料理として中華料理を食べることもある私たち日本人にとって、世界のどこへ行っても馴染みのある中華料理が食べられることは非常にありがたいことです。

そして、中国語を話す人は世界のどこへ行っても大勢いるのです。中国語が話せれば、世界中でその土地に住む人と交流できるということです。

身内以外は信じない!?メディアに対する信頼度が低い

日本人はテレビで報道されることは真実だと信じる人が多いです。

最近では若者達のテレビ離れが進み、テレビよりもSNSやネットの情報を信じる人が増えていることも事実ですが、中年層から高齢者では未だにマスコミの報道を100%信じるという人も少なくありません。

世界的に見ても、日本はマスコミ報道を信じる国だと言われています。

中国は日本とは大きく異なり、マスコミからの情報はあまり信用していません。

中国は一党独裁国家で、政府がマスコミの流す情報もある程度統制しています。

この記事でも既に触れていますが、中国は王朝の滅亡を何度も繰り返してきました。

「国は信用ならない、信用できるのは家族・親戚だ」という考え方が根底にあるので、国が関わっているマスコミ情報はあまり信じていないのです。

余談になりますが、日本のマスコミ報道を見ていると中国人観光客が押し寄せる観光地の様子を写しては、「マナーが悪い・ルールを守らない・住民が迷惑している」という内容の映像を繰り返し流しているように感じます。

マスコミ報道を信じる日本人は「中国人はとてもマナーが悪くて、中国人がたくさん来ると迷惑だ!」

と思い込んでしまうのですが、実際中国人のマナーはそこまで酷いものではないと思います。

少なくとも、近年はずいぶん改善されて来ているはずです。

マスコミの報道は編集され演出が加えられたもの。

真実そのものではなく、やや大げさに報道していることが多くあります。

中国人の知り合いがいて実際に交流しているわけではないのに、メディアの報道を見ただけで中国人に否定的な印象を持ってしまっている人がいたとしたら…

ちょっと視野を広げて考え方を変えてみる必要があるかもしれません。

「中国人、嫌!」と毛嫌いせずに、中国人がいたら積極的に交流してみてください。

中国人の本音!日本の好きなところは?

日本のメディアの報道などにより、「中国には反日感情を持つ人が大勢いる」と思っている日本人もいるようですが、実は日本が大好きという中国人が多くいます。

中国人は日本に対して、どんなイメージを持ち日本のどんな部分に魅力を感じているのでしょうか?

観光・留学・就労で日本にやって来た中国人や日本人配偶者を持つ中国人に聞いたリアルな本音を集めてみました。

公共の場所はとにかく綺麗で清潔

世界一人が多いので公共の場は散らかりがちな中国。

中国人は大事な家族と暮らす自分の家の中はいつもピカピカにしている人が多いのです。

が…公共の場は汚れていても仕方ないと考えたり、公共の場を汚してしまっても掃除をするのは清掃員の仕事、自分の役割ではないと考える人が多いのです。

そんな中国の人たちは日本にやって来ると、公共の場が綺麗で清潔なことに驚くようです。

公衆トイレやバス・電車の中が綺麗でびっくりした!と言う中国人が多くます。

それから、空気が綺麗だというのも多くの中国人が日本に来て感じることのようですね。

深刻な大気汚染が社会問題となっている中国と比べると、日本の空気は綺麗で美味しいと感じるのでしょう。

とにかく礼儀正しい!接客サービスの高さ

「おもてなし文化」を持つ日本。

デパートや空港・ホテルで、そして飲食店で、ちょっと立ち寄ったコンビニやスーパーで日本の接客サービスの高さに驚く中国人が多いようです。

チップを払う必要がないのにこんなに親切にしてくれるんだ!

と感動する人もいるみたいですね。

ファッションが多種多様で面白い

日本の若者のファッションに注目する中国人も多いようです。

非常に多くのファッションスタイルがあり、自己表現やオシャレの方法も多種多様。

日本人のメイクやファッションを真似したいという中国人が大勢います。

きちんと列に並ぶ!規律がきちんとしている

ごった返している中国と違い、日本は社会全体の規律がしっかりとしている国です。

みんな時間を守り、電車やバスも秒単位で時間がきっちりとコントロールされています。

列に並びズルをせず順番待ちをする日本人の姿に、秩序があると感じる中国人が多いようです。

タダなの?街頭でティッシュペーパーがもらえる

日本の大通りでは、広告が入ったティッシュペーパーを配っていることがあります。

これって、日本の独特の文化です。

ただでティッシュがもらえるなんてラッキー!と考える中国人が多いようです。

日本人の本音!中国の好きなところは?

中国人の「日本の好きなところ」についてご紹介しましたが、次は中国に住む日本人や中国をよく知る日本人の「中国の好きなところ」についてご紹介します。

親しくなると家族のように仲良くなる

これは私自身も経験があることですが、知り合ったばかりの中国人って最初はちょっとよそよそしい感じがするのです。

でも、一度仲良くなるとそれはそれは親切にしてくれて、親身になって色々助けてくれます。

中国人は、心を許し仲良くなった相手には大事な家族と同じように接します。

他人に寛容、気を使わない

日本人は何かと気を使う国民性を持っています。他人の迷惑にならないように、行儀と礼儀が大事だと教え込まれています。

例えば赤ちゃん連れ・子連れで出かけると、子供が騒いだらどうしようとか、ベビーカーは電車に乗ったらすぐに畳まなきゃとか、日本のお母さんたちは色々なことに気を使います。

中国だと、子供が泣こうが喚こうが文句を言う人はいません(度が過ぎていれば話は別ですが)。

公共の場で母親が赤ちゃんに授乳をしていても、誰も「マナー違反だ!」なんて言いません。

子供が靴を履いたまま椅子の上に乗ってしまったとしても、誰も咎めたりはしません。

マナーが良いのは日本の良い部分ではありますが、マナーでガチガチに固められてしまうのも息苦しいものです。

中国にはその息苦しさがありません。

物を大切にする人が多かった

これは意外かもしれませんが、中国人はものを大切に使う人が多いんです。

壊れても捨てずに、修理して使い続けます。

そのため、街には修理屋さんが並び、あらゆる物を修理してくれます。

ただし、最近の建物などは製品の品質が低いものも多いので都市部ではスクラップアンドビルドが横行しているようです。

物を大切にする人が多いという印象は、もはや古き良き中国の文化かもしれません。

物事をストレートに言うので分かりやすい

日本人は本音と建前を使い分けたり、物事に白黒をつけずに曖昧にすることが多いです。

また、それが美徳とされていたりしますが、時に面倒臭いこともありますし誤解を生むことも。

中国人は好き・嫌いがはっきりしていて、思ったことをストレートにそのまま表現します。分かりやすくて付き合いやすい人たちです。

世界三大料理の一つ中華料理!食が豊富で美味しい

中国には多様な色のバリエーションがあります。

四川料理や広東料理など日本でも有名な料理を始め、各地方に名物料理があります。

野菜、肉、魚、大豆製品、そして様々なスパイスや調味料を使い食べることを大事に捉えている中国の食文化は日本の食文化にも通じるものがあります。

相互理解を深めて中国人の本音を知ろう!中国文化を学んで視野を広げる大切さまとめ

中国や中国人について理解を深めることは、あなたの視野と世界を広げることにつながります。

なぜって、中国人は世界に13億人以上いて、世界各国どこへ行っても華僑の人が暮らしているからです。

日本にも多くの中国人がやって来て、日本から中国へ行く人も増えています。

日本人と中国人は「違う」ことが大前提ですが、違いを理解し楽しく交流できれば一番良いですよね。