初めての中国出張の準備方法!初めての中国出張を成功させる秘訣や注意点とは

台湾中国ハックス

初めての中国出張の注意する点や準備するべきことは?

急速な経済発展を続ける中国。仕事関係の取引や交渉のため、現地調査のため、日本をはじめ世界格好から中国に出張する人が増えています。

初めての、そして急な中国出張が決まった時、どんな準備をしてどんな点に注意すれば良いでしょうか?

中国出張に向けてやるべきことは主に4つです。

・ビザの申請、取得

・持っていくものを準備

・心構え、心の準備

・簡単な旅行&ビジネス中国語会話を学んでおく

今回は中国出張に向けての注意点や準備について説明します!

出張にも就労ビザが必要

会社がビザの手配は全て行ってくれるという場合は、この項目は読まずに次へ進んでください。

規定が改正され、2015年1月より中国に出張で入国するためには就労ビザの取得が必要になりました。

2015年1月以前は14日以内の滞在であれば、観光にしろ仕事関連の入国にしろビザは不要でした。

現在は14日以内の滞在であっても、ビザの取得が必須となっています。

以前中国に短期で出張に行った時はビザの申請はしなかったしな〜

と考えている人は要注意!ノービザでは入国することができません。

就労ビザ申請先や申請方法は?

2015年1月から短期滞在でも必要になった就労ビザなので、初めてビザを申請するという人も多くいると思います。

中国のビザは種類が多く、申請内容も複雑です。時間に余裕を持って申請手続を進めるようにしてください。

まず、中国語の必要書類を準備します。日本国内にある中華人民共和国大使館または総領事館に出向き申請するか、ビザ取得を代行してくれる会社があるので依頼して申請することになります。大使館や領事館がアクセス可能な区域にあり、開館時間内に申請に行ける人は自分で直接ビザ申請を行えば良いですし、大使館・領事館から遠方に住んでいて出向くのが大変、開館時間内に行くのが難しいという人は代行会社を利用すると良いでしょう。代行会社に依頼する場合、当たり前ですがビザ申請料+別途手数料がかかります。

中国のビザに関する規定は数年に一度変更されます。ビザを申請する前に、どの種類のビザを申請したら良いか、申請に必要な書類はどれなの、最新の情報を確認するようにしてください。

  • 中華人民共和国駐日本国大使館ホームページ(日本語)

http://www.china-embassy.or.jp/jpn/

  • 中華人民共和国人力資源和社会保障部ホームページ(中国語)

http://www.mohrss.gov.cn/SYrlzyhshbzb/ldbk/jiuye/

  • 在中国日本国大使館(日本語)

https://www.cn.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

在中国日本国大使館ホームページでは、地域情報やビザ規定更新情報のお知らせが届くメールマガジンに登録することができます。中国に出張や旅行、留学に行く予定がある人は登録しておくと便利です。

就労ビザにはどんな種類がある?

中国入国のためのビザには複数の種類があります。仕事関連で中国に出張に行く人が必要なビザは主に3種類です。

  • Zビザ(工作ビザ)

中国に住みながら就労する人に必要なビザ

  • Mビザ(貿易ビザ)

中国で商業や貿易活動を行うために必要なビザ

  • Fビザ(訪問ビザ)

仕事関連の交流、訪問、視察のために必要なビザ

大きく分けて3種類のビザがありますが、滞在可能日数、入国可能回数、有効期限などでさらに複数の種類に分かれます。

どのビザを申請すればいいの?

各就労ビザがどのような就労形態を対象としているのか、しっかり確認するようにしましょう。一つの目安となるのが、「滞在日数が90日を超えるのか否か」という点です。90日以上中国に滞在する長期出張の場合、「Zビザ」の取得が必要です。90日以内の大罪なら、2015年の規定改正で新しくできた「短期Zビザ」か「Mビザ」「Fビザ」のいずれかを取得する必要があります。

ビザを申請する際の注意点

ビザ申請のために準備する書類は一律同じではなく、取得したいビザにより必要書類は異なります。ビザの種類によっては、厳しい審査基準が設けられている場合もあります。

各就労ビザに必要な書類、申請方法については中華人民共和国駐日本国大使館ホームページ「CHINESE VISA」のページを参照してください。

書類や申請の準備は不備が無いよう慎重に、丁寧に行いましょう!

ビザを取得せずに入国するとどうなる?

就労ビザの取得=中国国内での就労許可が下りるということです。ビザが無い=就労の許可がない状態で中国に入国し営利活動を行うと不法就労となります。通常5,000元(約82,700円)以上20,000元(約330,800円※2019年4月の時点で)以下の罰金となりますが、事案が重大とみなされると拘留の対象(5日以上15日以下)になることもあります。

不法就労は違法行為です。国外退去になることもあります。中国から国外退去処分を受けた場合、最大10年間中国への入国が拒否されることもあるので、十分な注意が必要です。必ず適切な就労ビザを取得してから入国するようにしてください。

中国出張何を持って行く?

出張先が北京、広州、上海など大都市の中心部であれば、コンビニやデパートがあり物は充実しているので日本からあれこれ持ち込まなくても現地調達で間に合います。

ただし、大都市の郊外や地方への出張の場合、周りにお店がない!物が買えない!なんていうことも起こりうるのでしっかり日本で準備をして必要なものは持って行くようにした方が良いでしょう。

マストアイテム

中国出張の際、必ず持って行くべき必需品です。

  • パスポート

期限切れに注意!パスポートがないと、日本から出国することすらできません!

  • 航空券

オンラインでチェックインや座席の予約ができるもの、自分で航空券をプリントアウトする必要があるものなど、利用する航空会社や便によって様々です。航空会社のホームページなどであらかじめ確認しておきましょう。

  • 現金、クレジットカード

海外旅行・出張の際クレジットカードは非常に便利ですが、中国ではカード非対応のお店もたくさんあります。日本の銀行や空港で人民元に両替して持って行くか、中国に到着してから空港・ホテルで両替しましょう。

逆に現金だけで中国に行くのはお勧めできません。クレジットカードも最低1枚は持って行くようにしましょう。中国のホテルでは、宿泊金相当またはそれ以上の高額デポジットを請求されることがありますが、クレジットカードで対応できる場合もあり便利です。VISAやマスターカードを持って行くと良いでしょう。

  • スマートフォン、タブレット、充電ケーブルやプラグ

今の時代、デジタル機器は必須アイテムですよね。携帯電話は日本のものなら国際ローミングが利用できます。ただし、日本国外で3G繋ぎっぱなしでローミングをすると莫大な通信費がかかります。Wi-Fiが繋がっていないところでは「飛行機モード」などに設定しておかないと、後で大変なことになります(高額な請求がきます。)

充電器や電源アダプターも忘れないように準備しておきましょう。日本と中国は電圧が違いますが、コンセントの形は同じなのでプラグをそのまま中国のコンセントに差し込み使うことができます。

※日本の電圧のみ対応の電化製品は、変圧器を使用する必要があります。アダプターの表示を確認してください。

写真をいっぱい撮りたいという人は、デジカメやよびようのSDカードも持って行くと良いでしょう。

洗面用具や薬

歯ブラシやカミソリ(髭剃り)、パジャマ、スリッパなど、日本のホテルには必ずある備品でも、中国のホテルには置かれていない場合もあるので持参した方が安心です。シャンプー・コンディショナー・ボディソープなども日本の質の良いもの・自分の気に入ったものを使いたいという人は持参すると良いと思います。

それから、中国のホテルの中にはトイレにトイレットペーパーが備えられていないこともしばしば。レストランではおしぼりが出てこないこともよくあります。ポケットティッシュやウェットティッシュは持って行くと役に立つはずです。

  • 常備薬、マスク、うがい薬

胃薬、頭痛薬など、普段使っている薬があれば日本から持って行くと良いでしょう。特に、中国の衛生面の問題や脂っこい料理のせいでお腹を壊す人が多くいます。整腸剤を用意しておくと安心です。

また、大都市では大気汚染が深刻な問題となっています。自衛のためにも外出するときはマスクをつけ、ホテルに戻ったらうがい薬でうがいをするなど対策を取ってください。

滞在をより快適なものにするアイテム

  • モバイルバッテリー

出張中はなかなかホテルに戻って充電する時間などが取れないかもしれません。携帯の充電用に持って行くと便利です。

  • 海外用の携帯Wi-Fi

日本の空港でレンタルできるので、インターネットを多く利用する予定の人は持って行くと役に立ちます。中国都市部であれば、ファーストフード店内、ショッピングモール、ホテルで無料のWi-Fiを利用することができます。

  • 無線LANルーター

中国のホテルでは、有線LANしかないこともあります。無線LANルーターを持って行って有線LANにつなげば無線LAN接続ができます。

  • ビニール袋

汚れものを入れたり、ゴミ袋として使えたり何かと役に立ちます。

  • ポケット裁縫道具、爪切り、ピンセット

いざという時のために準備しておきたいもの

  • クレジットカード番号、緊急連絡先

あっては欲しくないことですが、盗難にあった場合や紛失してしまった場合、直ちにカード会社に連絡を入れカードを無効にできるように準備しておきましょう。

  • パスポートのコピー

海外に行く時には、念のためパスポート現本とコピーも2、3枚持って行くと安心です。

  • 在中日本大使館、領事館の住所と連絡先

いざという時、駆け込むべきところは日本の大使館または領事館です。住所や連絡先、滞在先のホテルからのアクセス方法を確認しておきましょう。

  • 海外旅行保険証券

クレジットカードに海外旅行保険が付いている場合がありますし、短期の海外出張なら保険には入らないという人も多いと思います。でも、現地で怪我をしたり病気にかかった場合や飛行機の遅延があった場合など、旅先でのトラブルは大きな出費につながります。3日間程度の出張なら、1,000円前後の保険料で保険に入ることができます。高い料金ではないので掛け捨てになるとしても、万が一に備えて保険には入っておくことをお勧めします。保険会社の連絡先を控えておくか、保険証券を持っていきましょう。

中国出張に際しての心得

在中国日本国大使館ホームページでは、随時地域情報や注意喚起情報が発信されています。メールマガジンも配布されているので、登録しておくと便利です。

食事やお酒の席でのルール

日本と中国では、食事に関するルールやマナーが異なります。失礼・非常識にならないよう、中国のルールやマナーを知っておきましょう。

  • 乾杯を繰り返す

日本では最初に乾杯をしたら普通はそれでおしまいですが、中国の場合飲んでいる間・食事中に何度も乾杯を繰り返します。中国の「干杯(gan bei)ガンベイ」は「杯を飲み干してからにする」という意味があり、「干杯!」と言われたらその度に飲み干さなくてはなりません。グラスは小さめですが、白酒(bai jiu バイジョウ)など強いお酒を飲む場合、飲み過ぎに気をつけたほうが良いですね。

  • ビールは生ぬるい

中国の人は、冷たい飲み物は健康によくないという考えを持っていて温かい飲み物を好む人が多いです。ビールもキンキンに冷やしたものではなく、ぬるい常温のものを飲みます。レストランによっては冷やしたビールを置いているところもあります。注文する時に聞いてみましょう。

・一言会話:要冰的啤酒(yào bīng de píjiǔ イャォ ビン ダ ピージゥ)「冷たいビールをください」

  • 食事は残すべき?

中華料理のレストランというと、ぐるぐる回る円卓にたくさんの大皿料理が並びます。料理は主賓が最初にとり、テーブルは時計回りに回し各自順番に料理を取っていきます。

日本では「出された料理は残さず食べる」のが良いマナーとされていますが、中国では出されたものを全部食べるのは失礼と受け取られることがあります。「食べきれないほど、厚くもてなしていただきました」という意を示すために、少し料理を残すのが良いマナーとされています。

実際、接待や会食などでは食べきれないほどの料理が次々出てくることもあり、頑張って全部食べようとする必要はありません。

ただし最近では、食べ残しや食品廃棄は中国国内でも問題になっていて「食べ残さず全部食べましょう」と推奨しているレストランもあります。出された料理を綺麗に全部食べても、必ず失礼に当たるというわけではなくなってきているようです。

  • げっぷはOK

日本では「はしたない」とされるげっぷですが、中国ではげっぷをしても良しとされています。食後のげっぷは「美味しかった、お腹いっぱいで満足です」という意思表示になるので、思わずげっぷをしてしまっても問題ありません。同席した中国人がげっぷをしても、嫌な顔をしないようにしましょうね。

贈り物をする時に注意したいこと

日本では喜ばれるものでも、中国で人に贈ると失礼になるものがあります。

  • ハンカチ

ハンカチは汗を拭うもので、これが「涙を拭う」行為(悲しみや苦しみ)を連想させるので贈り物をしてはふさわしくありません。

  • 時計

時計を表す「鐘(zhong)」がお終いを意味する「终(zhong)」と似ているので、時計を贈る=私たちの関係はこれでお終いという意味になってしまいます。時計を贈るのはタブーです。

「伞(san)」が「散(san)」(離散、解散などの意味)を連想させるので傘も贈り物としてはふさわしくありません。

時間はわりとルーズ

日本は世界の中でも屈指の時間をきっちり守る国です。世界基準から見ると、日本がちょっと異質なのです。中国では日本のように電車や飛行機が時間きっちりに到着して出発することはありません。特に飛行機はしょっちゅう遅延します。日本の時間の感覚で行動せず、少し余裕と広い心を持って中国のゆるーい時間感覚で行動するように心がけましょう。

臨時宿泊登記に記入する

外国人が中国に宿泊する場合、臨時宿泊登記を行い公安当局に届出を出す必要があるということが中国の法令で決められています。

ホテルに滞在する人は、チェックイン時にパスポートを提示し登記表に記入すればあとはホテルから公安当局へと自動的に届出が提出される仕組みになっています。会社の社宅や知人の家に泊まるという人は、自分で届出を出さないと法令違反となり罰金を支払わなければならなくなることもあるので注意してください。

パスポートは常に携帯する

中国国内では、16歳以上の外国人は常にパスポートを携帯することが義務付けられています。パスポートのコピーではなく、現本を携帯するようにしてください。

インターネットが規制されている

中国国内では、中国当局のインターネット規制により日本や海外で当たり前のように使えるWebサービスやオンラインアプリが使えなくなってしまいます。

例えば、LINE、Twitter、Facebook、Instagram、YouTube、ニコニコ動画、Yahoo!、グーグルなどです。家族知人とのやりとり、趣味、仕事上で利用しているツールが一切使えなくなることがあるので注意が必要です。

規制の中でもネットやアプリを使う方法

一度中国に入ったら、いつも利用しているSNSや動画サイトが一切使えないというわけではありません。「VPN(バーチャルプライベートネットワーク)」=仮装ネットワーク空間を使えば中国国外のIPアドレスを取得することができて、中国当局の規制に引っかからずサイトへのアクセス・閲覧・利用が可能になります。ということで、以前はVPNを使えば特に問題なかったのですが、2018年頃からVPNサービスへの締め付けも厳しくなってきています。

VPNには有料のものと無料のものがありますが、特に無料のVPNサービスは使えないものが増えてきています。中国当局は未認可のVPNは締め出すという宣言をしており、有料のVPNへの規制も厳しくなってきています。

こういったネット関連の規制は、今後も強化が進み一層厳しくなるのかあるいは緩和されるのかは分かりません。とにかく今現在は、中国へ行く前に複数のVPN会社を準備する、複数国にサーバーを持つVPNを使う、VPN対応のレンタルWi-Fiを使うなど、いくつかの対策を取っておくと安心です。

旅行者・出張者など短期滞在者が巻き込まれやすい犯罪や事故に注意

中国は日本と比べるとそれほど治安の良い国ではありません。誘拐や殺人といった命に関わる犯罪は多くありませんが、スリや詐欺などの軽犯罪は多発しています。命の危険はないとはいえ、被害に遭うとショックですし、嫌な思いをしてしまいます。犯罪や事故に巻き込まれないよう、準備や対策は万全にしておきましょう。

スリに注意!

観光や出張で中国に行く際、一番気をつけたい犯罪はスリ(ひったくりや置き引き含む)です。駅、バスターミナルなど人混みでは特に注意するようにしてください。スマートフォンやお財布、デジカメ、パスポートなどをズボンや上着のポケットに入れたりカバンの外側についているポケットに入れたりすることはしないように。貴重品はカバンの中や金庫にしまいましょう。カバンは必ずファスナー付きのものを持ち、斜めがけのものがおすすめです。人混みではカバンは抱えるようにして持つようにしましょう。

様々な手段で狙ってくる

スリの実行犯は様々な手段で人を欺きスリを実行しようとします。スリ被害の実例をいくつか挙げますね。

・レストランやカフェのテーブルにスマートフォンを置いておいたら、気が付いた時にはスられていた。

・観光地で地図を持った中国人に話しかけられ、地図に気を取られているうちに財布を盗まれていた。

・デジカメで観光地の撮影をしているすきに財布、携帯を盗まれた。

・バスに乗車し、運賃を支払っている間にズボンのポケットに入れていたスマートフォンを盗まれた。

・スマートフォンを使い上着のポケットに戻し、次に確認した時にはスマートフォンが無くなっていた。

スマホやデジカメ、お財布など、使った直後に盗まれるケースが多いようです。スリはスマホやお財布をどこにしまったか(どのポケットに入れたか)を見ています。出し入れが面倒に感じても、貴重品はポケットに入れず、ファスナーの閉まるカバンの中などにしまうようにしましょう。

詐欺に注意!

スリや盗難、置き引きの次に注意したいのは詐欺です。特に偽札詐欺やお釣り詐欺に注意してください。例えばタクシーに乗って料金を支払う際、運転手が受け取った100元を手元で偽札とすり替え、「これは偽札だ、他の札を出してくれ」などといってくる場合があります。夜間のタクシーでは100元札は使わないように小額紙幣を用意しておきましょう。万が一偽札と思われるお札を渡されてしまったら、銀行で偽札判断をしてもらうことができます。ただ、偽札だと分かった場合に本物の紙幣と交換してはもらえず、ただ没収されてしまいます。

こうした詐欺に遭わないための対策としては、違法の白タクは利用しないように。100元札はデパートなど信用度の高いお店でのみ使うようにしましょう。慣れない場所に出かける時には、旅行会社や会社の現地スタッフを通して車の手配をする、または公共交通機関を利用すると良いでしょう。

交通事故に注意!

日本と中国では交通ルールが異なりますし、また人々の交通に対するマナーや認識も異なります。日本だと自動車より歩行者が優先ですが、中国だと歩行者よりも自動車が優先という空気があります。信号や横断歩道がないところでも車をかき分けて道を渡ってしまう人も多いです。周りの中国人に合わせつつも、無理をせず焦らずに進みましょう!

事故や犯罪被害に遭ってしまったら

事故や犯罪に巻き込まれてしまった時は、とにかく落ち着いて冷静に行動すること。現地の警察に行き、盗難届や被害届を提出しましょう。クレジットカードの盗難・紛失の場合は、すぐにクレジットカード会社に連絡を。カード番号や連絡先は控えておくようにしましょう。海外旅行保険に加入している人は、保険会社にも連絡を入れます。保険会社の連絡先も控えておくと良いですね。

そして、パスポートが盗まれてしまった・貴重品を全て盗られてしまったというような場合には在中日本大使館または領事館に連絡しましょう。大使館や領事館の連絡先、アクセス方法は必ず確認しておくようにしましょう。

KTVや日式スナックを利用する際の注意点

KTVというのはカラオケテレビのことで、要するにカラオケボックスです。中国出張中、同僚と連れ立ってカラオケや日式スナックで楽しいひと時を過ごしたいという人もいると思います。必ず、現地スタッフや駐在者など信頼できる人のおすすめのお店を利用するようにしてください。KTVや日式スナックの中には悪質なところもあり、金銭トラブルや食中毒など問題に巻き込まれてしまうケースもあります。

KTVが売春斡旋所のようになっていることもあり、出張や赴任中にそこで知り合った女性をお持ち帰りして・・・なんていう話もたまに耳にします。しかし売春・買春は中国でも違法です。売買春法違反となると、10日以上15日以上の拘留+5,000元以下の罰金に課せられる場合があります。また、国外退去の対象にもなりますし、国外退去処分になるとその後一定期間中国に入国できなくなります。

出張中少し気持ちが緩むこともあるかもしれませんが、安易な気持ちで法を犯すようなことがないよう自覚を持って行動してくださいね。

出張中に役立つ中国語の基礎会話

ビジネスで中国に出張する場合、日本語の通訳が付いたり基本的なやりとりは英語でということもあると思います。でも、例えば日本に出張でやってきた外国人の方が「コンニチハ」とか「アリガトウ」と簡単なフレーズでも日本語を使ってくれると、親しみも湧きますし嬉しい気持ちになりますよね。中国語の簡単なフレーズを覚えてから出張に行くと、より現地のスタッフと親密にれると思います。

日本語の意味中国語の意味ピンインカタカナ読み
おはようございます早/早上好zǎo / zǎoshànghǎoザオ/ザオシャンハオ
こんにちは你好/下午好nǐhǎo/xiàwǔhǎoニーハオ/シァウーハオ
こんばんは晚上好wǎnshànghǎoワンシャンハオ
はい是的shì deシーダ
いいえ不是bú shìブーシー
分かりました好的hǎo deハオダ
いりません不要búyàoブーイャオ
元気です有精神yǒu jīngshénヨウ ジンシェン
疲れました累死了lèi sǐ leレイスーラ
初めまして初次见面chūcì jiànmiànチュツー ジィェンミィェン
お会いできて嬉しいです见到你很高兴jiàndào nǐ hěn gāoxìngジィェンダオ ニー ヘン ガオシン
お疲れ様辛苦了xīnkǔ leシンクー ラ
いくらですか?多少钱?duōshǎo qiánドゥオシャオチィエン
一つください要一个yào yīgeイャォイーガ
ごめんなさい/すみません对不起duìbuqǐドゥイブーチー
申し訳ありません非常抱歉fēicháng bàoqiànフェイチャン バオチィェン
空港机场jīchǎngジーチャン
ホテル酒店jiǔdiànジゥディェン
会社公司gōngsīゴンスー

この記事のまとめ

中国へ出張するのに、こんなに心構えを整えて準備をして、注意もしなくちゃならないの?とこの記事を読んで気分が沈んでしまった人もいるかもしれませんね。

初めての出張に向けて、準備を怠ってはいけません!中国出張を充実した有意義なものにするために、しっかりと下調べ&事前準備をしておきましょう。